スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週間発行誌の一気読み
Fnキーが壊れたのでしょうか、スクリーンショットが相変わらず使えないので閑話休題。
静岡での撮影中等にひたすら読んでいた週間東洋経済、ダイヤモンドとおまけでニューズウィークについて一記事書いておきます。

最初に、バイアスの明示をしておきます。私は高校時代に週刊東洋経済を一年間定期購読していたので、どうしても東洋経済贔屓がかかっていると思います。極力客観的に論じようとは思っていますが、東洋経済は自分の世界観の一部を形成しているといっても過言ではないので(触れたものはなんでも、有形無形の影響を人に与えますが・・・)、了解のうえ見てください。

まず、基礎情報。
社団法人日本雑誌協会によると、2011年度の1号あたりの発行部数は

東洋経済・・・45万92部
ダイヤモンド・・・57万2669部

ちなみに。一日あたりの経済紙の朝刊は

日本経済新聞・・・301万558部
産経新聞・・・160万9528部

経済系の情報は日経が重要というのも納得の数値ですね。ただ、東洋経済は会社四季報を作成している会社でもあり、データベースには強いです。


週刊経済誌の身の丈を踏まえた上で、内容に移りましょう。
冊子の構成は両者類似しており、ニュース→特集→コラム・連載という大まかな流れは同じです。

①ニュース
ウエイトは両者に顕著な差はありませんが、東洋経済には短い国際ニュース欄があります。国内ビジネス関係者を主要な読者層に想定しているのか、国内ニュース(大企業メイン)が中心となっています。
ただ・・・論調は異なりますね。東洋経済は、ニュースの主役をやんわりと支持する立場に立ちつつ事実描写を中心とした記事に仕上げています。一方、ダイヤモンドは「ニュース&アナリシス」というコーナー名の通り、突っ込んで、ジャーナリズムを意識したような書き方をしています。記事を読む側の先入観というのもあるので、私にそう見えただけかもしれませんが、たかがニュース、されどニュース。出来事の伝え方は多様でなにかしらの色がついてしまのは避けられません。経済誌といえどもその点は変わりません。

②特集
これは同じ雑誌でも号による質の格差がとても大きい部分です。特に東洋経済はその差が大きいように感じます(選り好みの激しいテーマを選びやすいということかもしれませんが)。
あくまで全体の傾向として述べるのなら、東洋経済はビジネスプラン作成重視型、ダイヤモンドはジャーナリズム重視型です。
前者は、ホットな話題や傾向に関してビジネスの素材を提供し、特集の中に登場した多様な視点からの素材を組み合わせることでビジネスプランの作成をすることが出来る場合が多いです。
「へぇ~、そんな状況なんだぁ」、「え、こういうことも起きているのか…」、「ん?すると、あれとこれをこういうふうに結びつけるとこういうことができるんじゃないか?」
というのが、典型的な通読感想です(笑)

一方のダイヤモンド。ビジネスに関わる話題ばかりとはいえ、ジャーナリズムを強く主張している感があります。問題を追及していく姿勢が強いという意味です。少なくも、日刊紙の社説のような目も当てられない記事ではないので本格なジャーナリズムとはまた異なるとはいえ、触れていおくと良いものだと感じました。ただ、複数の記者が持ち寄った原稿を調整せずに載せているのか、重複する内容があまりにも多いのには閉口しました。まるで全て読む者はいないという前提で書かれているようでした。

③コラム・連載
勝負になりません。東洋経済の圧勝ですね。もちろん、東洋経済のコラム・連載の全てが優れているわけではないのですが、「どれだけ、価値のあるコラム・連載を有しているか?」が勝負どころです。

東洋経済であれば、
「経済を見る眼」、「HOT&COOL」、「ミスターWHOの少数異見」、「知の技法出世の作法」、「中国動態」、「世界の視点」、「FOCUS政治」、「長老の智慧」

ダイヤモンドであれば、
「マネー経済の歩き方」、「新社長」、「数字で会社を読む」、「企業レポート」

が私自身のおすすめです。東洋経済の方が連載に力を入れているので、ここはどうしても前者が強くなるところ。定期購読者にとっては連載が逆の意味でのボディブローのように、じわじわと自分の力になっていくので重視して欲しいですね。

最後に、ニューズウィークについて。議論が浅いし、扇動的な書き方も目立ったけど、世界のニュースを幅広く知ることができるという意味でおすすめ。英語版も流通しているので、来年はタイムから切り替えようかな?
スポンサーサイト
静岡の小粒な電車達(2)
うーん、、悪いことは連続するとは言うけれど…
PCの状態もあんまり良くないみたい。スクリーンショットが使えないと記事が書けないじゃないか>_<




なので、方針転換して今日の出来事と、明日に回そうと思ってた鉄道の写真でも載せときます。

**********************************************

今日は所用で新宿まで歩いていったのですが、道中デモ隊に出会いました。
街行く人々の話によると毎週のようにデモ活動をしているグループで、竹島の領土に関する運動をしているそうです。たしかに「日韓断交」、「恩知らず」とかいう恐ろしげなのぼりを持っている方もいました。

正直、一切の関わりを持ちたくなかったので、接触しないように細心の注意を払いつつ追い抜きました。で、追い抜いたらすぐ前に、警察官がバリアを張ってました。
そう、新宿通りには韓国大使館があるのです(正直なところ、通行止めにされたところで気が付きました)。

私は、一般人だとことわって通行しようとしたのですが、「すいません。」と言われて通してもらえませんでした。デモ隊が怒鳴りだしたので、別の道から行く事に。他の一般人も迂回路を行っていました。通行止め区間内のビルに用があった方はどうされたのか分かりませんが…

**********************************************

これを受けて、残りの新宿までの道はシンキングタイムに。
表現の自由とか、国民の意思表示、議論の契機という観点から私はデモ活動には反対ではないのですが(特に今回は暴力的な要素がなかったので、本来のデモ活動であり、それ自体は避難される行為ではないと思います)、その表示している意思にあきれてしまいました。

過激な言葉を使うことで注目を集めるのが狙いなのだとは思いますが、「日韓断交」は両国・世界にとっての巨大な損失行為です。本気で主張しているのではなくとも、使用してはならない単語でしょう。日本と韓国の経済が互いに大きく依存しあっているのは下記の外務省資料に示されている通り、並々ならぬものがあります。貿易総額でみれば、韓国から見ると日本は2番め、日本から見ると韓国は3番めに位置する関係にあるのです。
韓国経済と日韓経済関係、外務省

竹島の問題は、東洋経済などでも報道されていますが、イ・ミョンバク大統領が、省庁と連携を取らずに単独行動したものとの見方が強いです。親書の受け取り拒否や日本国の象徴である天皇に対する発言態度からすると、そのように受け止めるのが自然でしょう(韓国は就職難が日本よりも厳しく、公務員人気は絶大なので官僚もかなり優秀なはずで、適切な外交関係を維持するための振る舞いに関して無知であるとは到底考えられません。)。

なぜそのような単独行動をとったのかについてですが、大統領選が近く、再選への雲行きが怪しいからでしょうか?
国政選挙で、最も手っ取り早く支持率を上げる方法。それは往々にして国民のナショナリズムを刺激することです。日本人はナショナリズムをあまり意識していませんが、仙人のような人でなければ現代社会人として生きている者は必ず胸の底に秘めています。強烈にそれを出す人もいれば、静かに暖めている人もいます。それがなければ、国民国家日本の一員として生きていることはきっとないはずです。大切なのは、自分がそれを不可避的に持っているのだと自覚すること。そして、他の国の人々もナショナリズムを持っていることを理解することではないでしょうか?

加えて認識しておくべきことは、ナショナリズムは国民国家を束ねる道具だということ。日本は自発的に起きたという印象が薄いみたいですが、国の団結を図る上でナショナリズムを高めることはほぼ必須の手段です。ですから、国としてまとまろうとしている国に対して、ナショナリズムが高まるのは自然な流れだとして受け止めるのが冷静な対応ではないでしょうか?

ですから、今回の竹島や尖閣諸島に関する問題でも日本政府は従来のように、「領土問題は存在しない」との立場を貫き、欧米など世界の主要プレーヤーに対して冷静な態度を示すことが最善だと思います。首相がコロコロ変わり、貫徹さを欠く日本外交ですが、外交儀礼に法った冷静な対応をとることが今まで以上に求められている思います。

以下息抜きに写真。

メインは静鉄。6~7分間隔で走っているのは大変撮りやすくありがたいです。
もちろん利用者あっての高頻度運転ですが、両数よりも頻度の方が利用者感覚としては大事ですよね。

DPP_0004a (2)

DPP_0004a (1)

2両編成で、巨大な駅ビルというと「ことでん」が口をついて出そうですが、ステンレスですね。なかなかお気に入りの外見だったりします。

DPP_0006.jpg

スコール間近に撮ると空の色がアヤシすぎw

DPP_0005a.jpg
DPP_0008.jpg

移動したのでそばを走るJR東海も撮影。211ならちゃんと構えるけど、313なら手を抜く・・・

DPP_0007.jpg

東海道貨物も多いですね。場所的に編成は無理なのでカマだけ。画像がでかいのに今気が付きましたが面倒なのでそのままにしときます。ご了承ください。

う~ん、スクリーンショット治んないかな?
静岡の小粒な電車達(1)
18きっぷが1日分余っていたので、今日はその消化旅行に行って来ました。

行った先は…

DPP_0002.jpg

これだけで分かるのは地元の人くらいですかね(苦笑)
静岡に行って来ました。

駅前には立派なバスターミナルが整備されていたので、しばし撮影。かなりの回転率でバスが来るのでリハビリにはちょうど良かったです。でも、静岡駅に来る系統は採算性が高いのかLED車ばかりでした>_<

DPP_0003.jpg
DPP_0005.jpg

大きいのばかりでなく、小さいのも時々やってきます。混雑しているロータリーをくぐり抜けるには小さいほうがラク!?
ちょこまかと大型車の間を縫ってました。しかし、この手のバスはもう少し親しみやすい表情にならないもんですかね?地域の足というにはちょっと可愛げがなさすぎる気もします。


DPP_0001.jpg
DPP_0004.jpg

中にはこんな変わり種も・・・
浪漫バスという名前で運行しているバスだそうです。
100円と手軽な運賃なので利用しやすそうですね。
詳しくは下記リンクに飛んでみてください。

浪漫バス

静鉄のバス事業は他の鉄道会社と同じようにグループ子会社として「しずてつジャストライン」等に分割されているようです。ホームページを見る限りでは、行政と連携したオムニバスタウン事業という、バスを活用したまちづくりを担っているようですね。その成果は厳密に見てみないと評価の下しようはありませんが、高齢化の進む日本社会においては、地域の足としてバスにはもっと元気に活躍してもらいたいですね。


では、静鉄グループの中でバスはどれくらいの売上があるのでしょうか?
ホームページで公開されているので、そのまま情報を引っ張らせてもらいます。


まずは、グループの売上構成比。
静鉄売上構成

自動車販売が4割以上を占めている鉄道会社なんて他にないんじゃないでしょうか(笑)
どうやら、静岡県内のトヨタ自動車販売チャンネルのほぼ全てを担っているようです。

しずてつジャストラインがバス事業の主力なので、そこの売上を調べてみると70億円弱とのことでした。(ソースはhttp://shinsotsu.at-s.com/2013/gakusei/gak09100.aspx?kbn=910&kcd=1457&nen=2013)
バスの保有台数は576両、従業員数は767名とのことです。

これが多いのか少ないのか?
年度を揃えるのが面倒なので、2年くらい幅を持たせてますが・・・震災の影響があるから売上は参考までに。

大手で調べてみると、不動産事業もやってたり細かく分割されすぎてたりで手頃なのが京急しかなかったです。。。
①京急バス
売上・・・約200億円
保有台数・・・783台
従業員数・・・1122名

昔みた東洋経済の特集では確か京急バスの収益率は驚異的に高かったから、固定費の比率が高いことを考えると京急バスの売上も割に高いはず。すると、しずてつのは、従業員・保有バスどちらあたりでみてもそこそこ健闘してるみたいですね。静鉄のは非上場のグループ会社が多いので時価総額での比較ができませんが・・・

次回は街ナカを歩いた感想を中心にする予定です。

忘れ物を発見!
先日、東洋医学の講座を受けるので久々に大学で授業を受けてきました。
8月は夏休みだったので、約一ヶ月ぶり。メールはしてても直接会うのは久々の同級生もいました。

さて、無事に授業を受けた後、今回から参加した同級生と先輩一人が過去の授業DVDを見るための説明を受けました。僕もついでについていくことに。
すると、先生の研究室は僕のよく行く部屋の隣であることが判明。その先生が教育研究を行なっているということも頷けます。
さて、DVDの視聴方法の説明を受けたあとは、部屋の中を見ながら雑談。
そんな中、先輩と先生は忘れ物置き場の前で少々談義してます。

「よくこんなの忘れてくねー。鍵忘れて家に入れるのかねぇ(笑)」

などと話してます。そのうち、腕時計の話になります。

「こんな高そうなもの、だれか持ってっちゃうんじゃないの。」

で、先生がその時計をブラブラさせてます。

「あ、先生。それ僕のです!!」

はい。しばらく見なかった腕時計と再会してきました。
うん。見つかって良かった。


プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。