スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週間発行誌の一気読み
Fnキーが壊れたのでしょうか、スクリーンショットが相変わらず使えないので閑話休題。
静岡での撮影中等にひたすら読んでいた週間東洋経済、ダイヤモンドとおまけでニューズウィークについて一記事書いておきます。

最初に、バイアスの明示をしておきます。私は高校時代に週刊東洋経済を一年間定期購読していたので、どうしても東洋経済贔屓がかかっていると思います。極力客観的に論じようとは思っていますが、東洋経済は自分の世界観の一部を形成しているといっても過言ではないので(触れたものはなんでも、有形無形の影響を人に与えますが・・・)、了解のうえ見てください。

まず、基礎情報。
社団法人日本雑誌協会によると、2011年度の1号あたりの発行部数は

東洋経済・・・45万92部
ダイヤモンド・・・57万2669部

ちなみに。一日あたりの経済紙の朝刊は

日本経済新聞・・・301万558部
産経新聞・・・160万9528部

経済系の情報は日経が重要というのも納得の数値ですね。ただ、東洋経済は会社四季報を作成している会社でもあり、データベースには強いです。


週刊経済誌の身の丈を踏まえた上で、内容に移りましょう。
冊子の構成は両者類似しており、ニュース→特集→コラム・連載という大まかな流れは同じです。

①ニュース
ウエイトは両者に顕著な差はありませんが、東洋経済には短い国際ニュース欄があります。国内ビジネス関係者を主要な読者層に想定しているのか、国内ニュース(大企業メイン)が中心となっています。
ただ・・・論調は異なりますね。東洋経済は、ニュースの主役をやんわりと支持する立場に立ちつつ事実描写を中心とした記事に仕上げています。一方、ダイヤモンドは「ニュース&アナリシス」というコーナー名の通り、突っ込んで、ジャーナリズムを意識したような書き方をしています。記事を読む側の先入観というのもあるので、私にそう見えただけかもしれませんが、たかがニュース、されどニュース。出来事の伝え方は多様でなにかしらの色がついてしまのは避けられません。経済誌といえどもその点は変わりません。

②特集
これは同じ雑誌でも号による質の格差がとても大きい部分です。特に東洋経済はその差が大きいように感じます(選り好みの激しいテーマを選びやすいということかもしれませんが)。
あくまで全体の傾向として述べるのなら、東洋経済はビジネスプラン作成重視型、ダイヤモンドはジャーナリズム重視型です。
前者は、ホットな話題や傾向に関してビジネスの素材を提供し、特集の中に登場した多様な視点からの素材を組み合わせることでビジネスプランの作成をすることが出来る場合が多いです。
「へぇ~、そんな状況なんだぁ」、「え、こういうことも起きているのか…」、「ん?すると、あれとこれをこういうふうに結びつけるとこういうことができるんじゃないか?」
というのが、典型的な通読感想です(笑)

一方のダイヤモンド。ビジネスに関わる話題ばかりとはいえ、ジャーナリズムを強く主張している感があります。問題を追及していく姿勢が強いという意味です。少なくも、日刊紙の社説のような目も当てられない記事ではないので本格なジャーナリズムとはまた異なるとはいえ、触れていおくと良いものだと感じました。ただ、複数の記者が持ち寄った原稿を調整せずに載せているのか、重複する内容があまりにも多いのには閉口しました。まるで全て読む者はいないという前提で書かれているようでした。

③コラム・連載
勝負になりません。東洋経済の圧勝ですね。もちろん、東洋経済のコラム・連載の全てが優れているわけではないのですが、「どれだけ、価値のあるコラム・連載を有しているか?」が勝負どころです。

東洋経済であれば、
「経済を見る眼」、「HOT&COOL」、「ミスターWHOの少数異見」、「知の技法出世の作法」、「中国動態」、「世界の視点」、「FOCUS政治」、「長老の智慧」

ダイヤモンドであれば、
「マネー経済の歩き方」、「新社長」、「数字で会社を読む」、「企業レポート」

が私自身のおすすめです。東洋経済の方が連載に力を入れているので、ここはどうしても前者が強くなるところ。定期購読者にとっては連載が逆の意味でのボディブローのように、じわじわと自分の力になっていくので重視して欲しいですね。

最後に、ニューズウィークについて。議論が浅いし、扇動的な書き方も目立ったけど、世界のニュースを幅広く知ることができるという意味でおすすめ。英語版も流通しているので、来年はタイムから切り替えようかな?
スポンサーサイト
忘れ物を発見!
先日、東洋医学の講座を受けるので久々に大学で授業を受けてきました。
8月は夏休みだったので、約一ヶ月ぶり。メールはしてても直接会うのは久々の同級生もいました。

さて、無事に授業を受けた後、今回から参加した同級生と先輩一人が過去の授業DVDを見るための説明を受けました。僕もついでについていくことに。
すると、先生の研究室は僕のよく行く部屋の隣であることが判明。その先生が教育研究を行なっているということも頷けます。
さて、DVDの視聴方法の説明を受けたあとは、部屋の中を見ながら雑談。
そんな中、先輩と先生は忘れ物置き場の前で少々談義してます。

「よくこんなの忘れてくねー。鍵忘れて家に入れるのかねぇ(笑)」

などと話してます。そのうち、腕時計の話になります。

「こんな高そうなもの、だれか持ってっちゃうんじゃないの。」

で、先生がその時計をブラブラさせてます。

「あ、先生。それ僕のです!!」

はい。しばらく見なかった腕時計と再会してきました。
うん。見つかって良かった。
とある初療室の見学
先日、とある大学病院のER(救急)の初療室を見学してきました。
先輩に付き添ってもらいながらの計2日、合計17時間ほどの見学で、色々と考えさせられることがあったので少し文字にしておます。

考えさせられるというのも、実際に見学している時よりも本とか雑誌を読んだ時に関連付けて想起させられることが多いので、まとまりのつかない断片的なものになってしまいがちですがご了承ください。

思ったこと、考えたこと

①モニター等に表示されるバイタル(血圧とか心拍数等)について
②初療室のスタッフについて

①…自分が患者について分かることはそこに表示されてることくらい(患者の主訴を聞いても臨床の知識がなさすぎて、原疾患が何なのか全く分からない)ので、ついつい目がそちらに移ってました。数値がころころ変わるし、個人差もあるからそれだけを信頼するのは愚の骨頂であるというのが実感として理解出来たのはよかった。でも、救急医としては、常に全体をみて判断するのが適切だから、今回の自分の見学態度はダメダメだったなぁ、と反省。

 なにより、意識の清明な患者に対してもまともに声をかけることができなかったのが、残念というか、悔しいというか、情けないというか。。。モニターをじっと見てる暇があったら、患者のことをしっかりと診ないとダメですよね。医学的知識も全然ないから下手なことは言えないと思うあまり、普通の人間的な声をかけることすらできなかったのは、失格ですね。全人的な医療っていうのが空念仏になってしまう。
 次に見学する機会があれば、もっとコミュニケーションをとりたいな。


②…見学に行ったところは、設備もスタッフも超一流だったので、概ね連携が良かった。研修医が多い点で、市中病院の方がより高い連携を実現しているとは思うけど、ナースの動きや指導医の動きがテキパキしてる印象が強かったです。ただ、複数患者を同時に受け入れているし、指導医の数がどうしても少ないということもあって、時間がかかりすぎていたと感じるケースもかなりありました。患者数が多く急性期疾患ばかりなだけに、社会復帰も含めて長い目でしっかりと治療していくという視点は救急にはあわないのでしょうかね。ちょっと、患者本人のことを忘れてないか?と思うような場面も何回かありました。

この夏は病院見学があまりできなかったけど、勉強してある程度X線とかCTの画像の意味、代表的な疾患とかが分かるようになったら、違ったものの見え方がするのでしょうね。


プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。