スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒマな時は流してみましょう♪
 ヒマなので以前に撮った画像を垂れ流してみる企画。みなさん順光で編成写真を狙いに行った時の悩みどころは逆方向の列車をどうするか?ではないでしょうか。
 順方向の列車だけに専念して眺めたりメモったりする人や、果敢にも逆光に喰らい付く人など様々だと思いますが私は適当に流して遊んでいます。流し撮りの練習になるのはもちろんのこと息抜きにもなり、撮影頻度が倍増します(笑)

 まずは現物から。
IG_6709.jpg
 ゆっくり走っててもスピード感が出るからエア急にはお勧め。急行灯が目立ちにくいのが欠点…。夕方ならちょうど良さそうですがチャンスが限られているものでなかなか出来ないです

IG_6763.jpg
 眠たい中で適当にカメラを振ったのですが、イイ感じに流せてて目が覚めました(笑)。目が覚めたら逆にミスしやすくなったのは内緒…

IG_6780.jpg
 縦アンではあまり振らないのですが、方向幕にピッタリ合って大満足。朝陽に当たって2100も眩しそう。でも、この後寝るんだよねぇ…。あ、ネタ幕ですよコレ。



スポンサーサイト
ゴォ~と雑記
IG_6687.jpg

 意味不明なタイトルですが、800形の猛烈な走行音と朝鮮半島での騒動が頭の中で勝手に結びついたので今日は雑記。

 これまで、時事ネタ(特に政治的なもの)については触れようとは思っていなかったのですが、今回の件は例外。なんでこんなことをネタにしようと思ったのかというと、ここ数日やけに空がうるさかったから…。湘南台に行ったせいもありますが、戦闘機やヘリコプターをたくさん見ました。少なくとも今日は普段よりも多く私の行動範囲内でヘリコプターが飛んでいました。当然のことなのですが、身近な出来事です、朝鮮半島での出来事は。

 今回の事件は、北朝鮮が軍事的攻撃を行い韓国側に4人もの死者が出てしまったのですが、外交という観点から見れば非常に高度な次元でことが進んでいます。
 私の主な情報源や思考の基盤は週刊東洋経済に大きく頼っているのですが、東洋経済の分析では北朝鮮の体制引継ぎ過程において世襲反対勢力(主に軍部)を抑えるために、後継者が軍のトップである証拠を行使したようです。恐らく、北朝鮮内でも国のトップを狙う軍人は存在するのでその見方は否定できないでしょう。

 まずは、総評。今回の事件で最も緊張に満ちた判断を迫られたのは韓国でしょうが、素晴しい形で戦争への突入を回避したのは尊敬に値します。高まる自国民の排他的意識の限界線に沿って上手く落とし所を決めました。北朝鮮が本格的な戦争突入は絶対にしないとの、ギリギリかつ危険な読みを元にしての英断はなかなかできるものではないでしょう。

 北朝鮮が実際には戦争はしないとの読みはどうやって生まれるのか不思議に思う人もいるかもしれませんが、恐らくその読みは間違ってはいません。理由は北朝鮮が体制移行期だからです。国内で政治勢力が不安定なまま戦争に勝った国は存在しません。今の北朝鮮では、戦争状態になればクーデターになりかねず現在の支配階層がそのような危険な判断を下すことは有り得ません。また、韓国・米国・中国・ロシアにとっても朝鮮戦争は避けねばなりません。韓国にとっては自国の経済が大打撃を受けるのが確実であり、米国はこれ以上の対外戦争を抱える余裕はありません。中国にとっては自国の広域統治の信頼感欠如をもたしてしまいます(中国にとっての北朝鮮は、米国にとってのメキシコととらえるのもありかもしれません)。ロシアは、自立した帝国としての尊厳を取り戻しつつありますがその影響力はまだ伸びるとの見通しを持ち、現在の情勢での戦争は自国にとって不利であると考えているはずです。
 今回の事件はまだ尾を引くかもしれませんが、少なくとも北朝鮮・韓国共に「相手がこれ以上のことをしたら反撃をする」との表現であり休止状態に入ったことを示しています。なかなか背筋が凍るような微妙な線を突いています。

 それから、あんまり北朝鮮を軽く見るのはマズイです。風潮的に「北朝鮮なんかとっと潰してしまえ!」という極端なところまで行かないにしても、なめてかかっているのは事実でしょう。北朝鮮は、日本の旧陸軍の精神や教訓を大いに生かしており、エリート達は欧米等の一流大学で学んだりしています。軍事技術も裏のネットワークと強く結びついており並大抵の国ではありません。統治・情報操作にも優れた人材が揃っており、韓国の大統領選で最も強い影響を持っていると言われているのは聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 そして、最も長けているのは外交です。インテリジェンス外交という非常に高度な情報外交の分野では世界中で1,2を争う水準と言われています。日本で有名なインテリジェンス外交の専門家は佐藤優氏ですが、氏の処遇から顧みるに日本では高度な外交はほとんど無理でしょう…国民の選択なのですから自業自得ですが、他国を巻き込む外交問題では相手国にも迷惑をかけうるので、どうにかしなければなぁ





紅葉と京急
 トップ画像を変えてみました。でかすぎる気もしますが、年内はこれで通すつもりです。けっこう時間かかっちゃいました(^^;
これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 さて、一部ではもう葉が落ちている沿線もありますが、緑の混じった紅葉はピークです。季節感もちょっと出して撮りたくなったので追浜へ撮影してきました。トップ画像もそこで撮ったものです。

IG_6814.jpg

 傾いてしまいましたが、800形最終増備車。やや汚れかかった赤と紅葉は似合うものです。今更ながら気がつきましたが、この場所は品川からフルマラソンの距離なんですねぇ。800形もここからフルマラソンです。

IG_6823.jpg

 8連だと信号が写ってしまうのがちょっと惜しいですが、やっぱりここは最高です。土砂崩れ防止のためにバックの山はもちろんコンクリートで覆われているのですが、古いタイプなので絞りを開ければあまり目立ちません。開放だと画質が劣ってしまうのですが、ボケ欲しさについつい開けすぎちゃうのも魅力でしょうか? むしろ、かなりの望遠なので手ブレの方が怖いのですが…。止まったように見えても最大限拡大するとどうしてもぶれてしまっています。ただ、ことでんで3日間も撮影に専念したおかげで以前よりはだいぶマシにはなっているようで、300mmの望遠(35mm判換算では450mm)で設定を間違えたまま1/80秒で撮っても背景はほぼブレていませんでした(^o^)。ホントことでん様様です(笑)
 一回一回集中して、キチンとした写真が撮れるようになりたいなぁ~

 



プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。