スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラダよりもカメラを動かしてた例の祭り
 今年はアルバム委員よりも多くシャッターを切って過ごした体育祭ですが、写真をピックアップしていく作業が意外と大変。露出やらカラーバランスを補正しておこうかと思ってたけど、自然なホワイトバランスが一番だと言い聞かせてレタッチはサボらせていただきます。100枚を超えてるからアルバム委員は大変だろうなぁ~(笑)

 見返してみると、せっかくならアルバム委員が写真を撮ってるところをもっと撮っておけばよかったと後悔。選手の写真もピンボケしてしまったり、フレーミングを失敗してしまったりしたものが多くてなんだか申し訳ない気分になる。。。マニュアルでピント合わせをしてるからミスが出やすいのは覚悟の上だったけど、本気の被写体に対してきちんと応えることができなかったのはカメラを使う者として悔しい。それにしても、動きに合わせてピントリングを回し、フレーミングを整えて追っていくのは一種のスポーツで楽しかったなぁ(^o^)


 さて、今回の体育祭では棒引きで4組が例年にない戦法をとったことによって一悶着起こってしまいました。内部生はいろいろと意見があるようですが、一応私も個人的な見解を。

 体実が読み上げていた競技者規則の中に「棒を協力して引っ張ること」的な文言があったと記憶しているが、今回の4組の戦法はこの「協力」の中に含まれる行為であったと解釈するのが妥当ではないだろうか?
 すなわち、競技者規則における「協力」には棒に直接触れることや相手の真正面を向くことは明記されていないので、棒を引っ張る味方を押すことは「協力」行為として成立するのではないだろうか?

 仮にこれが「協力」行為として体実が見なさないと主張する場合、その論拠は以下のものが考えられる。つまり、相手に背を向けて競技を行っていることである。これには充分な妥当性がある。というのも、相手に背を向けた状態を維持して相手と対戦競技をするスポーツは私の知る限りでは存在しないからである(私の勉強不足かもしれないが、一般的では無いことは確かであろう)。また、予行練習の際に体実は棒を引く際に自陣に向かって走るような姿勢で棒引きに臨まないよう注意喚起している点も留意すべきである。事前に対戦時の競技者の姿勢について補足がなされている以上、4組の戦法は競技者規則の競技行動(でいいのかな?)に明記されていない行為として見なされるのは無理からぬ話であるし、むしろその方が説得力は高い。

 結果的に再試合となったのは粘る4組に体実が折れたからというのが論理的な筋だったのではないだろうか?
スポンサーサイト
マークなんて…
マークだけの模試を受けるのは初めてだったかもしれないと始めに言い訳。なめてかかると痛い目に遭うってのがよ~く分かった。。。

内訳

国語/141 英語/172 リスニング/42
数学ⅠA/92 数学ⅡB/86 
世界史/51 物理/84 化学/97  
計(リスニング除く)/723

国語と英語が過去最低点だwww
世界史はもはや悪夢の次元 m>_
悲惨な結果を踏まえて軽く講評。

国語…時間がキツイ。難易度は標準的だったが二つに絞った題意解釈を悉く外して全大問が30点台に…。論説文で満点を逃したのが痛かった。ついでに言うと古漢の片方でも満点を取ったことなどない(キリッ

英語…文法が簡単だった割に点数が低い。原因は長文。難しくはないんだけど、ひねくれた考えを始めてしまうとどの選択肢も正しくもあり誤っているようでもあるかのごとく錯覚してしまう。

リスニング…最小音量でも十分大きい音量が流れてきた気がするんだが…。自分の聴力の低さ(特に右)には自覚があるので、他の人は尚更大きいと感じたのではないだろうか。大問毎にちょうど一つずつ取りこぼしてしまった。我ながらどうやったら間違えることが出来るのかというレベルのものだったのに…

数学ⅠA…時間ピッタリに終わってしまったので見直す時間が無かった。90年代のと同じ感覚で解いていたら大問の数が多いことに半分経過してから気がついた(笑)。間違えてⅠを解いてから挽回する人がいるってのは凄いなぁ~と実感。自分にはとてもじゃないけど無理っす。

数学ⅡB…こんなに面倒で難しいとは思ってもいなかったw 数列に手間取り(計算をミスしてたので分数が出てきたりして首をかしげてた。結局そこは捨てた。)、最後は日本語を間違えた。外分だなんて普段使わないぞ!変換しても出てこないんだから(笑)

世界史…半分超えただけマシとか呑気なことは言えない科目。本当にマズイ(滝汗)。問題自体難しめな上に、中国史をノーマークで行って中国史で攻められたから炎上。試験時間中はずっと悲嘆にくれてました。解説が丁寧だからこれだけで2時間分は復習できるのが収穫か。

物理…器用に大問毎に一つずつ落としてきた(笑)。力学・電磁気・波動をグルグル解き回る形式にはなれなきゃな。意外と煩雑な計算を要するものがあってびっくり。計算が嫌いだからちょっとしたのでも煩雑にかんじてしまうのか?

化学…簡単。なはずが満点ではない(汗) ブタノールの炭素数を勘違いしてたw。まぁそれでなくてもナトリウムアルコキシドの生成条件を考えれば間違えるはずはないんだけどさ。。。

総評。
大学別プレの時の云十倍もの受験生がいて、経営の原動力をここに見た感がした。試験時の雰囲気がそのせいでちょっと緩くはなっていたけど駿台や河合に比べるとやはり独特の雰囲気が漂い、結構面白い(通いたいとは思わんが)。ここが主催の模試もあと二回しか受けられないと考えるとちょっと寂しいな…
時刻表の表紙がカッコイイ
 電力使用制限令が解除された途端に残暑が激しくなった気もしますが、そろそろ気温も下がり始めるようですね。
 鉄道各社は節電ダイヤで対応してきましたが、9月23日に京急はダイヤを改正します。詳しくは下記リンクを参照していただくとして、嬉しいのは下りのエア急が文庫まで先行するようになること。恩恵を受けるわけではないけどww
 普通電車を10分間隔のままにするのは妥当な判断でしょう。蒲田の高架化が完了すればどうせそうなる予定だったので前倒ししただけですし、利用実態にもエア急を一部4連化するよりは即してます。

 残念ながらHPには画像が出てないっぽいのですが(代わりに奇妙なアングルから撮ったリニューアル後の仲木戸駅が写ってる)、ダイヤ改正告知の中づりがカッコイイ。平和島を下る新1000形をバリバリに画像編集したもので、迫力満点。ただ、縦横比的には時刻表の表紙にはイマイチなんだが…

 京急ニュースリリース


 なんで久々に更新してるかと言うと10時間拘束模試のあとでは勉強する気が起きないから…(汗)
 解答を見てないけど気ままに講評。

・国語
 
 現代文
 …アートに関する話題。現代における芸術のあり方について、感性を軸に観賞者自身が芸術に価値を見いだせるようにしていくべきだという主張。本文中に強調のための・・が多く出てきて、「わざ」という語が高頻度で現れる段落があったことがつまずきやすい点だった。設問に無理はなく、分量・内容共に良好で無難なものだった。

 古文
 …リード文がヒントになっているようななってないような微妙な文章。冒頭から主語の省略が行われ、筆者も明らかにされていないので文章全体の主語と述語の対応を掴むのがやや難しい。難解な語は含まれていなかっただけに、主語を明確にすることがポイントとなった。

 漢文
 …特考よりも簡単な文章だったが、出題傾向は良く踏まえていた。日本での話だった分、単語で躓くこともないだろう。

 数学

 ①放物線同士を接した状態を保って動かした時の共有点の重心等の軌跡:易
 
 …放物線が3つあるので図が描きにくいものの、連立して解いて重解であることを用いれば各点を簡単に表せ、単純な軌跡として表せる。

 ②放物線と軸に平行な直線等の囲む面積:易

 …数Ⅱの積分の問題で今回の模試では一番簡単。

 ③メガネのふちを動く線分:面倒

 …誘導が計算するよう仕向けられていたので(1)だけやってあとは捨て。順像法の問題だから手間がかかる(だから回答欄が広い)

 ④仕切られた空間に物を詰めていく場合の数:やや難

 …帰納的に処理が出来るので、得点差が一番強く出そうな問題。(1)は誰でも出来るが、(2)以降の自信があまりない。

 ⑤数論:標準

 …最初は意味が分からず最悪捨てる覚悟だったけど、終盤に眺め直してみると意外と難しくは無いことに気がついた。ただ、残った時間はあまり無く焦りも加わって結局ほとんどできてない。

 ⑥空間図形の体積:標準

 …放物線上の点を中心とした半径固定の円板を動かした通過領域の求積。特考と同じ程度のもの。

 全体としては軽めだったものの、パラメタ曲線や行列・確率が出ていないのでバランスは悪い。なんで放物線にそんなにこだわるんだか…


 化学
 …難。難。難。難。難。難。
  国語・数学とは打って変わってかなり取り組みづらいものだった。内定生が「○進の模試は本番よりはるかに難しい。あり得ない。」と苦い過去を振り返るかのごとく言っていたことの真意がよく理解できた。某TIS大学の過去問をかなりやったおかげで有機化学はおいしく頂けたものの、理論に自信が無い。無機も基礎的な設問でちょっと落としたし。40超えるかは微妙。なによりも時間をかけ過ぎてしまった。ウザい計算は極力とばしたのに、110分も消費するとは…

 物理
 …力学・電気回路・熱力学
  40分では焦りも加わりかなりキツイ。10点はさすがに超えてるとは思うが…力学は後半で妙な速度の置き方をされているのに気がつかず手痛い時間ロス。電気回路は素子も少なく、設問が細かく分割されていたので考えやすかった。熱力学はもちろん捨て。問題全体では駿台よりも簡単めか?
 特考みたいに化学→難、物理→易だと化学で勝負をかけようと思っているものには厳しいものがある。

 英語
 …今までの模試で最も英文の量が多かった。前回の特考では時間が余っていたので、心もち丁寧にやっていったら案の定パラグラフ整序が運ゲーに(笑)
 英作文が15~20語二つ、60~80語一つでこれに時間がかかった模様。要約はワンパラグラフで、高二の特考を思い出す。内容は全然違ったけど。
 これに対してリスニングは拍子抜けするほど平易。満点でなければキツイというレベルのもの。
 英文和訳は簡単→標準→難という構成。最後のは部分点が少しでもついたらいいなぁ。。
 不要語削除は代ゼミを思い出すレベルでわりと簡単だった。
 長文は…時間が無いと焦ってしまいとりきれてなさそう。もっと豪快に時間配分をしてしまうべきだろうか…


プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。