スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間は虹
 K模試→T模試→校内模試→T模試→K模試→C模試→T模試の二段階目が終了。道のりは長いなぁ(笑)

 Kの方は数学が簡単だったので、そのノリでいったTはボロボロorz
 国語で半分いってないと苦しいぞー

 さてさて、今回は気がついた時だけでも解き終えた際に現在時刻をメモっておいたのですが…
 集計してみてびっくり、物理に18分しかかけてない!
 道理で焦ってたわけだな(^ ^;

 まぁ化学に時間かけ過ぎなんですけどね。ちなみに大問1に52分、大問2の前半に9分、大問2の後半と大問3を合計して71分もかけております(汗 大問1で満点とれてないのが痛いし、有機化学はもっと手早く確実にこなさなきゃなぁ…

 以下化学の講評。

第1問

Ⅰ…典型的な気体の平衡計算。操作全体を通じて起きている反応を把握するのは難しくない。必要があれば次の数値を用いよとしてひとつの値しか与えられていないので、化学で点数をとりたければ時間をかけても答えるべきものばかり。仕切りが動いてからの話題は捨てるかどうかの分岐点。回答に際しては一酸化炭素を聞かれたのちに二酸化炭素を聞いている点に注意。

Ⅱ…吸光度は題材としては目新しい感じ。これにもっと有機化学をからめると非常に楽しいことになるのだが、融合問題を嫌う味気ない方針により単純化されていた。誘導に乗っかるだけのサービス問題的な雰囲気だが、実際には敬遠した受験生が多そうなタイプ。こういうので差がつくらしい。

第2問

Ⅰ…ゼオライトが過去に出たことがあるので、それを意識したのだろうか。いかに速く解くかだけの問題。

Ⅱ…設問だけで解けることの典型問題。エbで途方も無く遠回りな計算地獄へと突き進むようなことさえしなければ平易。ちなみにどんな計算地獄かというと955×593≒243×2330に感動している次元ww

第3問

Ⅰ…第3級アミンさえ忘れなければ基本的な反応だけで済む。クロリドは合成高分子で重宝するから目新しいとは言いにくい。

Ⅱ…異性体の整理力が問われる問題。構造式は捨てて時間を稼ぐのが得策だったかもしれない。難易度としては標準的ではあろうが、問題文のそばに余白が無いのでやや解きにくい。
スポンサーサイト
模試ラッシュ始まる
 11月は怒涛の模試月にしておいたんですが、一発目が終わりました。いやはや疲れた(-o-)r
 とりあえず、渋谷は過疎ってましたとさ(笑)受験料がものすご~く割安に感じちゃいますね(単独では赤字に違いない)
 まぁ結果はね、第一志望校じゃないから別にいいかな(良くないかw)
 でも化学が恐ろしく難しかったなぁ…7割もいってないんじゃないかと。日曜までに巻き返さなきゃな(汗

 どーでもいいけど道玄坂にファミマはいくつあるでしょう?

 さて、昨日の続き。

 特考やら音楽祭やらであっという間に月日は流れ、夏休みを迎える。ドリンクは各自が家で試作に励むことにして試作するメニューを分担する。エスプレッソ、アイスコーヒー、紅茶といった感じで。そんなに熱心ではなかったので、夏休み中は班員同士での連絡は取り合わなかった。やる気があるならGoogleさんに頼んでグループ等でレシピや完成品の写真、感想等を交換すると良いだろう。 夏休みが明けると班全体で部門毎に夏休み中の活動実績を報告する。この時点ではまだまだ色々とメニューの変更余地があるので、完成度とかではなく部門としてきちんと機能しているかどうかが重要になる。ドリンクはどうだったかというとややアヤシイ…
 9月からはいよいよ文化祭モードになる。体育祭後の模擬文までにはメニューを固め、原材料の調達先も見当をつけておくのが望ましい。過去の総括を見る限りそう書いてある。ところがどっこい60期は区切りがいいだけに例外。おかげで大変苦労いたしました(^ ^;
 まず、班全体の試作会への出席率が問題になり、他の部門や当日の仕事分担も考慮に入れられドリンク部門は大規模な粛清人員再配置が執り行われた。5人であったが一気に3人になり、うち1人はウェイター兼任につき当日は2人だけで回すこととなった。これに伴いメニューも少しは真面目に考える。
 そして模擬文を迎える。少しは気温が下がってホットメニューも売れるだろうとタカをくくっていたら撃沈。ドリンクは部門長一人で充分まわせてしまい、自分はウェイターの一人と皿洗いに勤しむ。おかげで多忙な衛生担当に目をつけられることとなった(五十周年衛生に関しては後述)。模擬文は当日とは比べ物にならないほどのんびりしていたことは当日になって初めて理解した。
 模擬文の結果を受け、バナナオレが大盛況だったので、内部生や小学生のことも考えメニューに正式決定。当初から内定していた紅茶・カフェラテ・アイスカフェオレの仲間入りを果たした。また、作り置きの出来るメニューもあった方が楽なのではないかと考えレモネードも内定。ところが、模擬文のメニューが情報漏洩し、保護者のネットワークに曝されるという事件が発生した。ホットコーヒーが存在しないことが問題視され、やり玉にあげられた(らしい)。これを受けてドリンク部門は緊急の対策会議を開き、渋々ホットコーヒーを出すことにした。なぜ渋々なのかというと、喫茶班所有のコーヒーメーカーがダメダメで全然美味しくないからというのと、ハンドドリップの上手い人がいなかったからである。とはいえ、カフェラテだけでは当日回しきれなかったので結果的に吉と出た。ハンドドリップで淹れたので時間短縮はほとんどできなかったが。。。
 これで一応メニューは全て決まり、保健所に提出するためのレシピ書きを行う。今年は縁日・食品・喫茶合同でテンプレを作成し、統一感を持たせた。当日の動きをシミュレートするためにも細かくしっかりと書いておいた方が良い。適当に書くと突き返されるだけでなく、直前期に苦労します。この際衛生関係についてはしっかりとチェックしておきましょう。ドリンクではアレルギー物質の牛乳が一番の問題になりました。これは文化祭2週間前を切ってから妙案を思い付き解決。おかげで器材配置やら作業手順やらを大幅に変更することになりましたが(汗)
 具体的には、牛乳に触れる人と、牛乳に触れない人で作業場所、担当メニューを完全に分けること。冷蔵庫が意外と自由に動かせるので、柔軟に配置が決められます。当然ですが、この際負担が均等になるよう留意すること。また、共同で作業する必要のあるもの(ミルクティー)についてはお互いに動きを確認しあいましょう。
 以上のことを確認できたらあとは試作を繰り返し、素早く出せるようになりましょう。当日はウイダーの摂取すらままならないほど多忙を極めます。早くさばけるに越したことはありません。また、味の確認も怠らないようにし、安定化に努めましょう。今年はバナナオレを直前になってチョコバナナオレに変更しましたが、衛生上問題にならない範囲で味の改良は行うべきです。その際は、不特定多数の人に飲んでもらって感想を聞くよりかは、しっかりとした舌をもち、率直な評価をしてくれる人に数回試飲してもらう方が良いでしょう。今年のカフェラテはそうしました。正直なところ、大部分の人はしっかりとした味の判断はできませんので無難な評価しか口にしません。そんなものは感想を聞く時からたいてい分かるので、当てにせず、別の人に当たってください。私は試飲してもらった2人だけからの評価を頼りに自信を得ました。なるべく早期にそのような人を発見しておくのが肝要です。

…一応メニュー決め編は終わり。あと二テーマぐらいかな?
 あれ?また模試が近いな(笑)
文化祭の総括に再挑戦
 長いとのご指摘を承りまして、日を改めもう一度見てみると確かに長い f-o-)
 こんなんじゃ誰も読まんわな(苦笑)

 というわけでテーマ別に再編成してみよう!

 …その前に。文化祭が明けたら急に外での飲物の消費が増えた。昨日今日だけで1500円分ぐらいは買ってる気がする(汗
 無難に美味しいのはセブンイレブンオリジナルのパック類だけど、エスプレッソは流石に買う気になれないから、気になってた店でちょこちょこテイクアウトしてみた。文化祭前にやっとけよと言われそうですがw
 まずは品川駅にあるイタリアンなバールでカフェラテを飲んでみた。テイクアウト用のカップがかなりしっかりした造りだし、外国人も頻繁に入って常連客も多そうだから期待してたけど、実際は微妙…。コーヒー豆の強さが全然無いし、ミルクもやや水っぽい。コーヒー豆を熔かしたような芳醇な香りが無いなんてエスプレッソとは言えないな。
 今日は塾の近くにあるアヤシイ感じの店で飲んでみた。店内で焙煎してるのがウリらしいが、粗悪な外国製の菓子も店頭に並べてるから今まで入ったことは無かった。入ってみると意外とイイ雰囲気で、生豆がズラ~っと並んでいる光景は新鮮。秒単位で焙煎時間の指定が出来るそうでエスプレッソ用のは安過ぎず手頃な値段だった。店内を色々と物色して、タンパー欲しいなとかいう雑念を落ち着かせてからカフェラテを注文(タンパー高いよ~)。カップが普通な感じなのは致しかたないのだろうか。とりあえず店をあとにして蓋を開けてみる。これでミルクのスチーミング具合が良く分かるので、店の品質を占うにはお勧め。単に猫舌で冷めるまでの時間つぶしってわけではないのだ。見てみるとご丁寧にハート形が出来てた♪クレマの色も良く味もけっこう期待する。
 飲んでみると、チェーン店のよりか普通に美味しい。ちょっとギラっとしたコーヒー豆の味も自分の好み。ただ、鼻が詰まり気味なせいか飲んだ後に喉から鼻にかけて広がるコーヒーのアロマは弱かったかな?

 とかなんとか批評してるとエスプレッソを自分で淹れたくなっちゃうんだよね(^_^;
 自分で淹れた物の方が客観的にも美味しいと思うけどどうなのかな?200杯弱販売した実績だってあるんだしさ(笑)
 今日飲んだ店はコーヒー問屋という名前だけど、そこの豆でも買って金曜日淹れてみようかなぁ、器材はまだ学校にあるし。。。


 さて、本題。既に記事としてかなり長くなってますが(汗
 まぁ明日は模試なんで軽く済ませちゃいますけどね。あぁ~化学で9割とりたいな(爆)

★メニュー決め編

 今年のメニューは最終的にカフェラテ、アイスカフェオレ、ホットコーヒー、ストレートティー、ミルクティー、チョコバナナオレ、ホットレモン(最終日のみレモネード)だったが、直前まで流動的な状態であった。
 まず4月にドリンク部門のメンバーが決まり全体の顔合わせの中で、どういう方向で行くかを決めた。この時点で部門長も決まり、彼がエスプレッソマシンを持ち込むことでエスプレッソ系のメニューを出すことが確定した。本などで喫茶店のメニューやレシピを調べ、見た目が良さそうなものなど特に手間は考えずに色々と候補を出して、抹茶ラテやヒマラヤティー等が検討された。
 5月の模擬文では、気温が高かったこともあり、前日にバナナオレとオレオオレを急遽追加。この頃から既に土壇場で妙な臨機応変さを発揮していたようだ。結果的にこれは大当たりで、ホットメニューが壊滅したドリンク部門はこれが無かったら消滅していたかもしれない。ちなみに模擬文では多額の赤字を計上しましたとさ。
 模擬文後は簡単に反省会を行うも、正直真剣には考えてなかった。そもそも模擬文の時期と文化祭本番の時期では気温と湿度が全然違うので、そのままのメニューでは通用しないのだ。だから来年以降の期では、模擬文対策に本番とは別にメニューを組んで欲しい。要するに目新しくて甘くて冷たい飲物を出して自販機に勝てということだ。模擬文で内部生から上手いこと金を巻き上げれば機材購入の道も開ける。(もちろん露骨に稼ごうとすると白い目で見られ、陰口を叩かれるだろうけどw)
 さて、模擬文が終わると多少は文化祭意識が高まるので学校等でドリンク部門だけの試作を繰り返す。厳密には許可が必要なはずだが、どうやら黙認されていた。良い子のみなさんはきちんと顧問に伝えておきましょう。試作は主にエスプレッソマシンに習熟することを目的としていた。この時点ではドリンク部門はウェイター兼任の人が2人、専属の人が3人という大所帯であったが(後に大規模粛清縮小されることになる)、呑気に全員が慣れるだろうと考えて練習していた。結果的に当日エスプレッソマシンを使ったのは自分一人(持ち込みで二人合わせて計2台)なのであんまり実りはなかったのだが、結束が強まったとでも記してお茶を濁す。

…疲れたから中断m(_ _)m この企画は果たして終わるのだろうか…?


プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。