スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら北総の千葉国体
 6日まで運転していた北総のアドトレインの画像を載せておきます。京成のほうは25日までなのでまだ余裕があります(私は夜にぎりぎり撮れるかどうかというところですが…)。47年に一度なので、記念にどうぞ。

 IG_4983.jpg
IG_4984.jpg

 定番の穴守稲荷でパシャリ。
 たまには背景ももっと入れようと考え糀谷へ。

IG_5001.jpg

 ミスった…。バンザイをした格好でファインダーレスは慣れてないから地上が少なくなってしまいました。

 これだけで終わるとネタ切れ感が猛烈に漂いますが(汗)、空港線つながりで京急のニュースリリースからの話題をひとつ。
 新駅である羽田空港国際線ターミナル駅(長い…)には日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語に対応可能なツーリストインフォメーションが設置されます。品川・蒲田駅で現在研修中のコンシュルジュが訪日外国人を対象に交通・観光・宿泊の案内を行うもので、観光局と横浜市・東京都の観光案内所としても登録されるそうです。地下に駅があるため、旅客を円滑に取り込もうという狙いが伺えます。
 また、中国国内で圧倒的地位を誇るクレジットカードである銀聯カードが、京急線内の普通乗車券に使用可能となります。これは、ツーリストインフォメーションでの購入時だけだとは思われますが、小銭を出し入れする手間が省けるのは良いですね。欲を言えばクレジットPASMOに出来ればよいのですが、システム的に難しいのでしょうか…。京成も銀聯カードを使えるようにするようですが、間の浅草線は無理ですよねぇ…紛らわしいな~

 さて、銀聯カードというのは中国国内のクレジットカード事業をほぼ独占的に展開する会社です。当然ですが、共産党とは強い関係があります。実は、世界トップのVISAと提携をしており、その関係がちょっと微妙になったりすることも…。提携に至った経緯は、訪中観光客のクレジットカード需要に目をつけていたVISAが中国国内での単独展開を政府に申し入れたところ、政府は外資に金融を乗っ取られることを警戒して却下。政府系のクレジットカード事業者を設立しようとします。VISAはそこに出資しようとしますがそれも叶わず、銀聯カードが誕生しました。その後、政府の後押しと、VISAとの提携によるノウハウ獲得から独占的な銀聯カードは成長し国外展開(注;中国人の国外での支払いの決済)も本格化させました。
 ここで問題となったのは、銀聯とVISAの棲み分けです。従来は銀聯での国外での支払い決済はVISAが行っていたので、中国国内では満足に動けなかったVISAも中国人の国外利用時に利益を上げていました。しかし、近年銀聯は利用者に対して、国外決済も銀聯を使えるようにしそちらを使うように誘導しています。これによりVISAは提携のメリットが大きく減ってしまいました。一方、国内展開は相変わらず厳しいので歯がゆさが残ります。ただ、提携による利益もある上、提携を解消すれば中国市場という巨大なマーケットを落とすことになるので引くに引けない状況です。
 個人的には、資本の蓄積がなされていない国々を除けば、政府は実体経済に強く関わるべきではなく、専ら所得の再分配・金融安定化・独占の取り締まり・外部不経済に対する規制を中心に行うべきだと考えているので中華人民共和国の経済政策は肌に合いません。ただ、外交力を組み合わせた経済政策という大国特有の成長法を見出しているのかも知れませんね。最も注意を払うべきは軍部の勢力拡大ですが、あまり報道されていませんね。また、共産党による一党独裁の影響もあり、党内での政局闘争が外交に現れやすいのも押えておく必要があります。尖閣問題については、日本国内での政治的な極度の不安定化がきっかけで中国側があのような行動をとったのでしょうが、日本国内ではかなり内向きで排他的な報道体制が敷かれました。どちらに領有権があるかどうかの問題ではなく、「中国憎し」との本音の建前になっていたような気がします。中国では、外国に弱い態度を見せてはならないとの脅迫観念(社会生活上必要な感覚ですが)が強く存在することをもっと認識すべきでしょう。

 書き出すときりがないのでここで切りますが、千葉国体から外交問題へ随分と飛んでしまいましたねぇ。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。
2000形が大師線で試運転を行ったらしいですね。大師線初入線だとか。
京急についてはよく分かりませんが、これから大師線運用に付くのでしょうか?
[2010/10/13 21:13] URL | 総武各停 #qW3pDKts [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> 総武各停さん

 先頭車がやや長いこともあり、今まで入れていませんでしたが、今回の試運転ですれ違いが出来るのかを確認したようですね。神経質になり過ぎていただけで、実際には普通に運用にはつけそうですが万が一のことを考えると、躊躇していたのでしょう。必要性も感じられないですし。

 今後定期運用につくかは怪しいですね。大師線は全線地下化が決定していますし、産業道路駅の地下化は確実です。貫通扉の付いていない2400が運用につくのはせいぜいそれまでだと思われるので(3扉化のノリで前面に穴を開けるとかはさすがに…強度違反ですし)、別に新1000形で十分だとは思います。
 しかし、全線地下化までは貫通扉なしで良いのだったら、こんな風に考えられるかも。

1500の鋼製車20両を6*2と4*2に組み換えて、800形の置き換え開始。走行性能的に辛い2400は快特の増結用と普通運用の余りを大師線に投入。その間に着々と新1000形の増備で8連と6連を大量製造して1500形もSH快特から引退してエア急で隠居。その頃には蒲田高架化と2000形8連置き換え完了。その後800形も引退。

 まぁ、私の勝手な想像なんで事実とは異なるでしょうから適当に流してくださいな。
[2010/10/13 23:49] URL | ローカル急行 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://localkyuukou.blog134.fc2.com/tb.php/106-9c54e521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。