スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気をめぐってゆらゆら
 しばし放置気味でしたm(_ _)m
 新年度の準備で忙しく、ってわけではないんですが写真を撮れないと記事を書く気になれんのですな。マウントアダプターを修理してから鉄道はまだ撮っていないんで、いいかげん撮りたいですね。家の中で寝る前にカメラをいじってレンズ交換してピント合わせして…なんか変態チックですけどカメラってそういう魅力があってこそだから必然の行動。多分。
 以下、ちょい真面目な記事。
 IG_3157.jpg
 電力需給の逼迫を顧みて昼間の電車内は照明を落とすなどしているけど、流石に夜はつけて走ってる。平日の京急は土休日ダイヤに遅延をブレンドした「特別ダイヤ」で運行するのが定着してきた。日によって遅延具合が異なるから「特別ダイヤ」とはなかなかのネーミングセンスだが、新年度の4月4日からは朝ラッシュ帯のみ平常通りに復帰させるとの発表がなされている。他社もほぼ平時に復帰させるようだ。
 緊縮運転期間では相鉄・西武などで長時間の列車待ちが常態化してしまっていた一方で、京急ではわりと気軽に電車に乗ることができていたというのは、明らかに不公平であろう。新年度からは学生も輸送量として大きく増大するからそれに対応して各社とも平時の体制へと戻そうとしているのだろうけれども、今後も一般家庭での不公平感は存続し続けるのだろうか。
 ここ数日は行われていないようだが、新年度からは学校等の施設も本格稼働し始めるため、しばしの休息なのかもしれない。といっても停電可能性がある時間帯ではそう呑気に構えていられないだろうが。停電対象地域の選定は送電網などの技術的問題が大きいため、東電がしたものと思われるが、果たしてそれは万人が納得できるものであろうか?おそらくそうではないだろう。「首都機能の維持」に配慮したとされるが、中央区・千代田区は誰もが認めるとしても、それ以外の区特に住宅密集地は首都機能に含まれるのだろうか?それらが含まれるのであれば横浜都民・川崎都民・神奈川都民・埼玉都民・千葉都民の居住地である地がなぜことごとく含まれているのだろうか?一般にいわゆる高級住宅地では一人当たりの電力消費は大きい。停電による被害を弱めることを主眼に置くならば、単位当たりの消費量が大きいところから削るのが真っ当だ。商業・産業は経済の根幹を成すものだから優先させるというのは至極もっともな論理だ。だが、消費もまた重要な経済の要素であることも見逃してはならない。需要が不安定化した今、地震によるショックを受けて自己資産の保全に勤しむ富裕層よりも、そもそも大きな貯蓄は持たない中産階級の方が一人当たりでも消費額は多いであろう。少なくとも横浜界隈の賑わいには中産階級の力強さが息づいている。
 停電対象地域から二十三区の大部分を外したのは、来たるべく電力料金大幅値上げに向けて「分割統治」を行うことで利用者の猛反対を抑え込み、東電再編を予防するためではないかとの邪推をしているのだが、東電の再編は大いに議論されるべきだろう。そのへんの記事は週刊ダイヤモンド誌が詳しいのだが、同時に被災地ひいては日本の復興という面もにらみこまなければならない。被災者に対する心のケアも重要だが、希望をもたらすこともまた大きな処方箋となる。国民全体がひとつにまとまっている瞬間を捉え復興へのスキームを完遂させることが、最高権力者には求められている。現在の日本国首相にはその適性が備わっているように見える。少なくとも他に名の上がる国会議員はいない。三月危機との政治権力闘争は過去の話だ。自身の保身とは異なる強大な危機に直面した権力者はその時まさに真価を問われるが、現在の首相は「災い転じて福となす」の気概で取り組んで欲しい。まだまだ学生時分の自分には吸収することしかできないが、ここで国がひとつ滅びるか生き残るかの転機を迎えているように思える。せめてこういう記事を書く時だけでも思考力を働かせていきたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://localkyuukou.blog134.fc2.com/tb.php/211-f2be04c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。