スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第60回文化祭総括
 文化祭が終わったとはいえ、まだモヤモヤなんか残ってるので引き継ぎ向けに総括でも書こうかなと。更新停止状態のブログのネタになるし

 班長さんは総括なんて適当でいいんだとか叫んでましたが、やっぱり引き継ぎは大事でしょう。自分は総括を読んでから文化祭活動を少しはちゃんとやるようになったし。担当した飲物と写真と衛生(?)の範囲内だけでもここに書いときます。もちろん引き継がれるようにデータは渡すつもりですが(頼まれてもいないけどねw)


 まず最初に断っておきますが、今年は例外的にかなりこだわったので特殊な年です。正直なところそのせいで全体の回転率を落としてしまい、もっと伸ばせたはずの売上を取りこぼしてしまいました。しかし、埃まみれのシャッター倉庫の棚の最上部に転がってる、廃品回収業者から払い下げられたようなコーヒーメーカーで入れる泥水同然のコーヒー臭のする液体で客から金を巻き上げることに心を痛める良心的な人は、以下の総括を参考にして下さい(注;さすがに誇張が交じってます)
 当日へ向けての活動については、最後にこうしておけば良かっただろうなという形の提案形式にしてまとめ、当日を振り返る形式をとります。

 まず、人員は当初5人で内2人がウェイター兼任のはずでしたが、試作会や会合等紆余曲折を経て常勤2人と朝の仕込みだけ担当するウェイター1人の体制で当日を乗り切りました。文化祭はどの部門であっても人手不足になるので、これだけの人数を確保するのが限界でしょう。それに、作業範囲が限られているので人が多いと動線がこんがらがって逆に遅くなります。

 さて、この限られた人員で今年提供したメニューは

1,カフェラテ
2,ホットコーヒー
3,アイスカフェオレ
4,チョコバナナオレ
5,ストレートティー
6,ミルクティー (以上200円)
7,ホットレモン(最終日のみレモネードに変更)(150円)

 例年に比べてかなり手の込んだ品揃えをしました(エスプレッソでのカフェラテなんて本校初じゃないかな?)。その分持ち込みの器材が非常に多いです。エスプレッソマシンとミキサーを2台使えたのはかなり大きい。一応喫茶班所有の器材も確認した方が良いですが、使い物にならないようなものばかりなので期待しないでください。初期に全部を確認し、方針をたてれば高価な器材でも購入は可能ですので、後々の期のことも考えた上で判断してください。私はドリップコーヒー用のゴールドフィルターの購入を薦めておきます。
 各日のメニュー別売上は会計簿等を参照すれば分かりますが、初日にカフェラテが集中砲火を浴びた以外はメニュー毎の著しい偏りはありませんでした。紅茶類以外は全て当日の朝に下準備を要し、結局全ての営業日で下準備は完遂できずバナナで大変な目に遭いました。下準備は以下の4つです。

①カフェラテ・ホットコーヒー用の豆をそれぞれ挽く
②アイスコーヒーを淹れる
③バナナの皮を剥いてラップに包み、冷蔵庫の野菜室に保管する
④レモネードを作る

 ①直ぐに終わるはずでしたが、容器を用意しきれなかったので結局営業中にもこまめにコーヒーグラインダーのスイッチを入れてました。機材は持ち込みですので悪しからず。挽きたての方が美味しいのは自明なので、ドリンク担当になったあなたは自費購入をご検討ください。デロンギのが手に入れやすく最低限の性能を備えているからオススメ。
 ②これはこだわらない年でもやってそうな作業。濃く淹れることをしっかりと意識すること。
 ③バナナを使ったメニューを出すなら要注意。結構衛生が面倒です。皮が汚染物扱いされているので皮を触った手で中の身を触るのはご法度。皮剥き担当と身をとってラップに包む担当の最低二人が必要です。早貸先生に許可を得た方法なので、身をそのまま出すのではない限り参考にしてください。
 ④これが一番報われなかった作業(泣)。各日5Lぐらいのレモネードを作りましたが、最終日以外は大量に売れ残った。文化祭の時期は気温が微妙で、ホットとアイスのどちらに客が流れるか読み辛いので両方用意できる飲物は必要かもしれない。ホットなら電子レンジが大活躍する。

 これだけなら朝の仕込みで充分終わると思うかもしれないが、50周年で活動する宿命か、設営がかなり大変。調理室に最大限の人員を裂く必要があるので、飲物部門が設営をやることが望ましい。今年は結局、衛生担当と班長がほとんどやってくれたが飲物の仕込みを減らして、2人が飲物、ウェイター長が内装・外装、50周年衛生担当が設営をするのが良いのではないだろうか?
 今年の?マーク付き50周年衛生担当としては、飲物部門はウェイター兼任、50周年衛生兼任、渉外or器材or会計兼任の3人が理想的に思える。実際今年は自分と、ウェイター兼任が一人、渉外兼任が一人、であったから、50周年衛生担当をもっと早くに決めていれば充分に機能していたはずだ。50周年衛生担当は50周年内の器材配置・衛生用品・動線を統括し消毒済み食器の開封及び陳列をするべきだろう。自分はいずれもほとんど出来ずじまいだったが、50周年に引き籠る飲物担当者が適任だ。ウェイターは忙しいので調理以外のことは兼任すべきではない。50周年専属の衛生担当の必要性は本家の衛生担当が述べているとは思うが、充分に理解したうえで早めに手を打って欲しい。

 話が逸れた。飲物部門に戻すと、重要なのはメニューの選定。気温が読みづらいので、ホットとアイスを両方揃え、かつ売れ残りが発生しにくいようにする必要がある。今年は注ぐだけで終わり的なものは最終日のレモネードだけで、それ以外h出すまでにかなりの時間を要した。カフェラテは淹れたことがある人なら分かるだろうが、手間がかかる。正直文化祭向きではない。承知の上で提供したが、やはり落ち着いた空気で淹れるものだ。ホットコーヒーと紅茶は注文が入ってから淹れ始めるという、個人営業の喫茶店状態だったので客を待たせてしまった。しかし、そうでもしないとろくな味では提供できない。アイスカフェオレはアイスコーヒーを静かに注ぎ、層を分離させたので慎重に作業しなければならなかった。
 チョコバナナオレは、3人分を一気に作れるので大量注文をさばくのに強かったが、牛乳アレルギー対策(後述)で作業分担をしたため2人共同で当たらなければならず、他の注文をさばけないという欠点があった(最終日は分担を解消)。

…日付を回ったので後日に続く…
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://localkyuukou.blog134.fc2.com/tb.php/232-20b9151c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。