スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイがケータイになった日・・・
親との電話は大抵長くなるんで、自宅と最寄り駅の間で通話することが多い。
親ともたまには連絡をとろうかと、今朝珍しく思い立ったので、駅に向かう間に電話することに。

いつものようにケータイからアドレス帳を起こして、母のところを探したわけです。歩きながら。
んで、決定ボタンを二回押して(一回だけだと発信にはならないので)、ケータイを耳にあてる。
そしたらうんともすんとも音が出ない。

あれっ、1回しか押さなかったかな?と思い確認するも、ちゃんと発信したことになってる。。。

2回繰り返したけどやっぱりダメで、しばらくしたら母から電話がかかってきた。
こっちで受信ボタンを押すも、やはり無音。

メールで連絡した結果、こちらのケータイの通話機能が壊れていることが明らかになりました。


というわけで、うどんも食べたくなったので夕方に新宿のauショップへ。
修理でしばらく預けるのかなぁ、とか思って店員さんに事情説明すると、契約者本人じゃないとダメなんだとか(汗)

うむぅ、、、父親名義だからおとなしく引き下がるしかありませんでした。。

というわけで、しばし通話機能のなくなったケータイをつかう羽目になりました。
携帯電話じゃあなくなったわけです。スマホでもないから、Eメールの送受信端末でしかないんだけど(>_<)

スマホにするのも有りかと思い、その足でヨドバシに直行。
でも、イマイチな印象しかなく、見送ることに。高いし、そこまで早くも無いし(パソコンと比較するのは間違いってのは分かるけど、動画が使い物にならなかった。。。)。お仕事してるわけでもないから、まだいいかなと。

でも、ふら~っとしてたら思わぬ方向に足がつられて行き、話がつられて行き、レジで会計しちゃいました。
寝袋のお供にちょうどよさそうな奴がいたんで、ついにアレを買ってしまった^^;
近日中に使用するんで、詳細はちょっと待っててくださいねぇ。

ではでは。(今日はレポートで徹夜必至だな(-o-;)
ひっそり再開
お久しぶりです。


本来の予定なら今頃はまだ三浦半島にいるんだけど、諸事情で東京に戻ってきてしまいました。まぁ、これから長い付き合いの場所だから急ぐ必要もないんだけど、今月中にリベンジできるかな? 
Amasonで結構な装備をポチッとしてしまったので、今度帰還した時にでも感想を消化しておきます。。。


さて、そろそろ後期が始まらんとしてるけど、このままじゃ色々と回らないなと思い始めてきた…(汗

最大の問題は、自分の事務能力の低下とか自己管理能力の低下という内的問題であって・・・結構深刻(-o-)
どうもじっくりと考えなくなってきているみたい。忙しいというのは今の自分には該当してるとは思わないし、そもそもそれが内省する機会を失う理由にもならないだろうから、問題の原因は全部自分でしょうね。

これだけだとすんごい悲観的な人間ですが(笑)、対策としてひっそりとブログを再開することにしました。
自分の考えや感想を整理して出す機会があんまり無かったなぁ、とさっき思ったので。軽い雑記帳として使うなら公開にする必要もないんだけど、若いお医者さんや開業医の方のブログに少し憧れてて、そのうちああいうふうにできたらいいなぁ、と淡い希望を抱いてるのでネットでの公開は続けるつもりです。ぐだぐだ書くだけなんでつまらんとは思いますが(^^;

さて、今回は現在読書中の脳死に関する話題について。
なんで脳死なんていうテーマに取り組んでいるかというと、大学の謎授業の一環です。ただ、受験の時からちょっとは脳死に関心があったので、しっかりと勉強する良い機会かなとは思ってるので、否定的ではないですがね。

脳死については立花隆氏が、素晴らしいの一言に尽きる高い問題意識と高度な説明能力を武器に著書「脳死」にて議論を展開しているので、僕のレポートもそれがベースになりそうな感じです。彼は脳死について議論するうえでの最大の問題点は、脳死に関する理解・知識の浅さだと指摘しています。実際、どれほどの人が脳死を正しく説明できるのかというと、ほとんど皆無でしょう。僕もこれに取り組むまでは論外なレベルの認識しかありませんでした。
脳死には、大きく分けて2つの説があります。
脳の生命活動(呼吸・循環等)を司る部位である脳幹の死をもって人間個体の死とする「脳幹死説」と、脳幹だけではなく認識や創造といった人間性を司るとされている大脳も含めた脳全体の死をもって人間個体の死とする「全脳死説」です。さらに、脳全体の死を、機能面に重点を置いた機能死とするのか、組織としての構造に着目した器質死とするのかで脳死の定義は大きく変わります。

そして、この問題が厄介なのは脳死の定義は脳死の判定方法と密接に関わること。そして、脳のことが全く詳細には分かっていないこと。もっと複雑にしているのは、救命処置を加えるのを停止して良い地点と、暴力行為を加えても良い地点が異なること。

なんだか混乱を誘発させる書き方しかできないけど、最初の項目は、どの定義を採用するかで必要な判定項目が変わるし、その判定項目だけでは一部の定義には十分対応できないということを言ってます。特に、機能死説に立つ場合は、脳幹の機能全部を正常かどうかを調べることは論理的にも実際的にも不可能です。器質死説の場合でも、必要十分条件(同値な条件)を導出することは現時点でできていません。これは、心臓・肺などといった臓器に比べて脳の機能・仕組みについてはまだまだ解明されていないことの方が多いからです。
死というのは極めて厳密に定められなければならないものです。その誤診率は論理的には絶対に0でなくては、人間の倫理が、医の根源性が崩れ落ちます。「ほとんど死んだような状態だからこれは死とみなしてしまおう」というのは論外なわけです。ALS(筋ジストロフィー)等によって運動神経が全てやられてしまったような人にも、内的意識は存在します。それを無視することは決して医の立場からは行なってはならないし、擁護する立場に立っていく問題です。
最後の項目では、ちょっとわかりにくい表現をしてしまいましたが、現在の医療技術では蘇生が不可能だと分かっているものに対して、積極的な治療を施すのを控えるというのは倫理的に受け入れられるだろうが、その者をドナーとして扱うなどの暴力行為を行うのは許されないということです。不可逆点と死の境界は違うということです。これは、前者は医療技術の進歩などによってずれる(もっと死の側に移動しうる)のに対して、後者は医療技術にかかわりなく不偏でなければならないからです。これは後者にたいする、死は絶対的で普遍的だとする死生観が根底にあるのですが、これについてはまた後日。この点がレポートのメインになるのかな・・・だいぶ迷走気味。。。
ひと段落っと♪
 ネタを吹っかけておきながら中途半端なままですが、しばしお待ちを。手続きとか本棚とか家の中の整理に忙殺されて、ああいうメンタリティの記事を書く心構えになってないんでまだ書けません。

 旅行関係の画像も一切整理しないまま横浜にふらりと帰省してきたので、たぶん明日以降画像整理を兼ねた軽~い感じの更新はしていけると思います。ついでにトップのデザインもそろそろ変えたい。。。生物と英語の合間を縫ってですがww
 

 これだけではなんなので、一応近況報告。23日はヒルトンで、25日はベイシェラトンでちょっとした宴会に出席してきました。前者はスーツばっかり、後者は主催者以外皆私服で、後者の方が個人的にマッタリほのぼのできました。なんだかんだいっても6年間ず~っとお世話になってたとこだからでしょうかね。
 ジャグリングとマジックで始まったり、弁当箱を受付の人に洗ってもらったという逸話もあり、まじめな激励もあり、ビンゴの景品でデジタルフォトフレームが飛び出たり、前期落ちて後期で受かった同志を発見したり(笑)、料理もフツーに相鉄ホテルの方が旨かったし、身の丈にあった小ぢんまりとした会だけど、エデュカらしくてとっても充実しておりました。
 頭の中がこんなに幸福感一杯なんで、マトモに記事が書けないと理解してもらえたかな? 

 


プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。