スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長~い旅行を短めに(2)
 たべろぐって便利なんですね。地図からジャンル別の飲食店検索が出来ることをついさっき発見。これからの主要な行動範囲によさそうなうどん屋を数軒見つけることが出来ました(笑)。明日は水道橋っと。

 さて、今回はJR九州編。といっても乗ったのは教育大前~小倉だけ。駅間での撮影が中心でした。まずは、地下鉄箱崎線の終点貝塚駅周辺で撮ったものを。

 IG_7235.jpg

 曇ってたので橋梁のはパス。菜の花が目に入ったので、季節感重でこっちだけをのせておきます。もちろんこんな微妙なカットしか撮れないところに長く留まるわけもなく、すぐに移動。
 アウトカーブと0角度が上下で撮れる場所へ移動しました。曇りだから光線状態を気にしなくてすんだのは助かりました。
 まずは0角度から。

 IG_7274.jpg

 単焦点レンズで臨んだので構図に苦戦しつつソニックをとりあえず編成写真で抑えておきます。曇っていて光量も芳しくなかったため、色が上手く出ない。。。パソコンでホワイトバランスとか彩度とかRGBヒストグラムをいじったけどイマイチだなぁ。フォトショを使えば問題ないけど、さすがに面倒なんでそこまではしません。そういえば、プリンターを買ったときに付いてきたフォトショップエレメントだけど今まで全然活用していないな(汗)


 IG_7279.jpg
 
 IG_7281.jpg

 レンズは交換したくなかったので、アップで撮ることに。白黒ハッキリつけてみました(笑)。マニュアルのわりにはしっかりフレーミングとピント合わせができたのはないかと自画自賛。


 さて、苦しい構図でも0角度に対してレンズ交換をしなかったのは、逆方向がなかなかのモノだったからです。

 IG_7272.jpg

 IG_7276.jpg

 タイガーロープが目障りであるとはいえ、こんなにスッキリとアウトカーブが撮れるのは撮り慣れた京急では少ないため、どうしても力を入れて撮りたくなってしまいますね。京成の立石~四ツ木で撮った以来ではないかと…。アウトカーブ=85mm単焦点の公式がここでも成立。焦点距離の許容範囲が広いアウトカーブの構図では出来る限り描写力の優れたレンズを使いたくなるので、自然にこういう流れが出来てしまうようです。
 京急でもこういうのを撮りたいけど、なぜか0角度の優れた撮影地ばかりへと足が向かってしまう…


 さて、日付は変わりますが、同じJR九州ということで有名らしい天春(テンパル)での画像もここにまとめておきます。ここへは、同地での撮影経験がある方々と一緒に一部山歩き的なオーラを醸し出す道を交えながら長い距離を歩いて到達しました。しかし、、、どうも上手い構図でまとめることが出来ずに悪戦苦闘。脚立をもっていないので柵を抜くのに苦戦し、人が被るというww.というわけで、反対側へ移動して200mmで仕留めることに。

 IG_7392.jpg

 IG_7380.jpg

 上のは前ピンになってるし、下のは傾いているしであまりいい感じのは無いですが、単焦点&手持ち&両数バラバラ&初撮影地の条件ではこれがせいぜいでしょうかね。やっぱりもっと上手く安定して撮れるようにはなりたいですが。。。ピントをもっと素早く精確に合わせられるようになるためには更なる鍛錬が必要そうです。
長~い旅行記を短めに(1)
 出発してから10日以上経過しましたが、重い腰をあげて旅行記の記事をぼちぼち書いていくことにします。今の状態で忙しいといって更新しないと入学後は更新できなくなりますからね(汗)
個人的には入学前の準備としてタイピングの練習が一番きつい(>_<)

 さて、旅行記の詳しい行程はほとんどずっと同じ行程だった方のブログをリンクから見ていただくこととして、写真がなるべくかぶらないよう注意して書いていきます。では一枚目。

 IG_7106.jpg

 九州までは陸路ではなく、飛行機で軽くひとっとび♪
 あ、もちろんアメリカン航空で行ったわけではなく、成田空港発着のスカイマーク便で行って来ました。就航したばかりの路線ですが、搭乗率はかなり高めで座席も良好でした。。。が、私の隣の人は初フライトだったらしく乱気流にのまれてノックアウトorz.
 酸素マスクを取り出すかのような動作をしたり、落ち着かない様子ではあったんですけどねぇ。まぁ、同じ旅行参加者でしたけど機内では他人の振りしてました(笑)。ノックアウトした人の前方がたまたま空席だったのがせめてもの救いでしょうかね。

 さて、飛行機から降りるとまたもやハプニング。。。ケータイを失くしたというやつが…行程は違ったので保護観察担当のO氏に後始末を頼んで我々はさっそく福岡市営地下鉄へ。その車内でやたら写真を撮ってたせいか、詳しく書くよう圧力があったような気もしますが・・・すいません何両編成かすら忘れてました(笑)

 IG_7154.jpg
IG_7205.jpg
IG_7168.jpg
IG_7183.jpg

 と画像貼りで逃げる。。。カメラの背面で確認した限りではイイ感じの写真も大きな画面で見るとぶれてたり、ぼけてたりして萎えちゃったから書く気が沸かないってのもあるんですがね。地下鉄の動いてる車内で写真を撮るのはかなり難易度が高いものですね。ただ、ATOといって全自動の運転方式を採用していることもあり、運転士氏がどうぞ思う存分写真を撮ってくれといってくれたのはありがたいですね。お言葉に甘えて80回ほどシャッターを切っちゃいました(笑)
 ちなみにこの路線は七隈線という福岡市の市営地下鉄線です。空港線とは別の路線で、最近出来たばかりのようです。詳しくはウィキペディアでも見てみてください。4両編成と短いし、新しいし、路線カラーが緑だし、ってことで横浜市営地下鉄グリーンラインを連想する人もいるかもしれませんが、設備とか車両の感じは東京メトロに似ていました。なかなか雰囲気もよく、今後の発展が楽しみな路線です(現状では運賃が高く、本数も多いわけではないので採算はかなり厳しそうです。4両編成はバスを基準にみると十分な輸送力と考えられているのかもしれませんね。)

 次回はJR九州がメインになる予定です。。。
夏の旅行
 長らく止めてましたが、四半年ぶりの更新です。
 滞ってる理由はまぁ受験生だから、というだけなんですが(汗)、ちょいと旅行に行ってきて充電されたのでそのことでも軽く書いときます。いずれにせよ、鉄分控え目で、今後も終わるまではこのままだと思いますのでご了承くださいm(_ _)m
 某模試の気になる解答とかについては時折書くかもしれませんがw


 さて、今回の旅行は夏の息抜きみたいな位置づけで仲間同士で気軽なハイキング…という予定だったんですが、いやはやよくぞ生きて帰ってこられたと振り返らざるを得ないようなハードなものに(苦笑)

 一応ね、下調べとかはしてたんですよ、ネットとか本で。地形図とかも目にはしていたんですよ。山登りといっても一般向けのハイキングコースだからそんなに険しくもないだろうとか軽く考えてましてね。
 で、時間もたっぷりとれることだし長めの行程を組んだわけです。水郡線の西金から袋田までの男体山・月居山縦走っと。男体山も月居山も茨城県内では有数の低山ハイキングコースらしく、累積標高差はそれぞれを単独であれば1000m程度で手頃な山との評判でした。実際そうではあるのですが、今回これを両方登ることにしてしまったので全然手頃なんてものではなく(爆) 
 写真はケータイで撮ったこれぐらいしかないw 一眼レフはそもそも持っていかなかったけど。

 SN3D03590001.jpg


 軽く考えてたので水分を1.4L程度しか持っていかなかったので、男体山の山頂についてからは脱水との戦いとなり、疲労も加わって一時は死ぬかとも思いましたが、幸いなことに天気は曇り出して木々の涼しさでどうにかもちこたえられました。夕立の恐れがあったので月居山の山頂からはペースをあげて、なぜか最後の5分ぐらいは一人走っていたww
 雨が降り出したのと、ややフラッと脱水症状の自覚があったので、袋田の滝の観光地(にある自販機)を目指して残った体力を全部使おうと自己防衛本能が働いていたんでしょうね(笑)

 キリンのメッツを速攻で飲み干している途中で仲間も降りてきて、自分はすっかり忘れていたのですが、バスの時間が迫っていたのでバス停までの距離と方向を聞いてました。
 3分ぐらいしか残ってなかったので、また走ってどうにかバスには間に合い、バスが出るとすぐに雷が盛大な音を立ててゴロゴロっと(汗)


 あのバスに乗り過ごしていたら、袋田駅まで30分以上歩き家には日付を回ってから着くことになっていたであろうことも考えると、奇跡的な何かを感じずにはいられない思い出深い旅行となりました。

 この旅行を企画・計画し、最後まで時間に気を配ってくださったS氏に感謝感謝です\(^o^)/


 夏休みなので、ほとんど人と会うこともないので、こうやって自分よりも凄い人と接するのは貴重な刺激になりますね(^ ^)

 始業式まであと15日もあるけど、これでどうにかもつかな?



プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。