スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある初療室の見学
先日、とある大学病院のER(救急)の初療室を見学してきました。
先輩に付き添ってもらいながらの計2日、合計17時間ほどの見学で、色々と考えさせられることがあったので少し文字にしておます。

考えさせられるというのも、実際に見学している時よりも本とか雑誌を読んだ時に関連付けて想起させられることが多いので、まとまりのつかない断片的なものになってしまいがちですがご了承ください。

思ったこと、考えたこと

①モニター等に表示されるバイタル(血圧とか心拍数等)について
②初療室のスタッフについて

①…自分が患者について分かることはそこに表示されてることくらい(患者の主訴を聞いても臨床の知識がなさすぎて、原疾患が何なのか全く分からない)ので、ついつい目がそちらに移ってました。数値がころころ変わるし、個人差もあるからそれだけを信頼するのは愚の骨頂であるというのが実感として理解出来たのはよかった。でも、救急医としては、常に全体をみて判断するのが適切だから、今回の自分の見学態度はダメダメだったなぁ、と反省。

 なにより、意識の清明な患者に対してもまともに声をかけることができなかったのが、残念というか、悔しいというか、情けないというか。。。モニターをじっと見てる暇があったら、患者のことをしっかりと診ないとダメですよね。医学的知識も全然ないから下手なことは言えないと思うあまり、普通の人間的な声をかけることすらできなかったのは、失格ですね。全人的な医療っていうのが空念仏になってしまう。
 次に見学する機会があれば、もっとコミュニケーションをとりたいな。


②…見学に行ったところは、設備もスタッフも超一流だったので、概ね連携が良かった。研修医が多い点で、市中病院の方がより高い連携を実現しているとは思うけど、ナースの動きや指導医の動きがテキパキしてる印象が強かったです。ただ、複数患者を同時に受け入れているし、指導医の数がどうしても少ないということもあって、時間がかかりすぎていたと感じるケースもかなりありました。患者数が多く急性期疾患ばかりなだけに、社会復帰も含めて長い目でしっかりと治療していくという視点は救急にはあわないのでしょうかね。ちょっと、患者本人のことを忘れてないか?と思うような場面も何回かありました。

この夏は病院見学があまりできなかったけど、勉強してある程度X線とかCTの画像の意味、代表的な疾患とかが分かるようになったら、違ったものの見え方がするのでしょうね。
ケータイがケータイになった日・・・
親との電話は大抵長くなるんで、自宅と最寄り駅の間で通話することが多い。
親ともたまには連絡をとろうかと、今朝珍しく思い立ったので、駅に向かう間に電話することに。

いつものようにケータイからアドレス帳を起こして、母のところを探したわけです。歩きながら。
んで、決定ボタンを二回押して(一回だけだと発信にはならないので)、ケータイを耳にあてる。
そしたらうんともすんとも音が出ない。

あれっ、1回しか押さなかったかな?と思い確認するも、ちゃんと発信したことになってる。。。

2回繰り返したけどやっぱりダメで、しばらくしたら母から電話がかかってきた。
こっちで受信ボタンを押すも、やはり無音。

メールで連絡した結果、こちらのケータイの通話機能が壊れていることが明らかになりました。


というわけで、うどんも食べたくなったので夕方に新宿のauショップへ。
修理でしばらく預けるのかなぁ、とか思って店員さんに事情説明すると、契約者本人じゃないとダメなんだとか(汗)

うむぅ、、、父親名義だからおとなしく引き下がるしかありませんでした。。

というわけで、しばし通話機能のなくなったケータイをつかう羽目になりました。
携帯電話じゃあなくなったわけです。スマホでもないから、Eメールの送受信端末でしかないんだけど(>_<)

スマホにするのも有りかと思い、その足でヨドバシに直行。
でも、イマイチな印象しかなく、見送ることに。高いし、そこまで早くも無いし(パソコンと比較するのは間違いってのは分かるけど、動画が使い物にならなかった。。。)。お仕事してるわけでもないから、まだいいかなと。

でも、ふら~っとしてたら思わぬ方向に足がつられて行き、話がつられて行き、レジで会計しちゃいました。
寝袋のお供にちょうどよさそうな奴がいたんで、ついにアレを買ってしまった^^;
近日中に使用するんで、詳細はちょっと待っててくださいねぇ。

ではでは。(今日はレポートで徹夜必至だな(-o-;)
ひっそり再開
お久しぶりです。


本来の予定なら今頃はまだ三浦半島にいるんだけど、諸事情で東京に戻ってきてしまいました。まぁ、これから長い付き合いの場所だから急ぐ必要もないんだけど、今月中にリベンジできるかな? 
Amasonで結構な装備をポチッとしてしまったので、今度帰還した時にでも感想を消化しておきます。。。


さて、そろそろ後期が始まらんとしてるけど、このままじゃ色々と回らないなと思い始めてきた…(汗

最大の問題は、自分の事務能力の低下とか自己管理能力の低下という内的問題であって・・・結構深刻(-o-)
どうもじっくりと考えなくなってきているみたい。忙しいというのは今の自分には該当してるとは思わないし、そもそもそれが内省する機会を失う理由にもならないだろうから、問題の原因は全部自分でしょうね。

これだけだとすんごい悲観的な人間ですが(笑)、対策としてひっそりとブログを再開することにしました。
自分の考えや感想を整理して出す機会があんまり無かったなぁ、とさっき思ったので。軽い雑記帳として使うなら公開にする必要もないんだけど、若いお医者さんや開業医の方のブログに少し憧れてて、そのうちああいうふうにできたらいいなぁ、と淡い希望を抱いてるのでネットでの公開は続けるつもりです。ぐだぐだ書くだけなんでつまらんとは思いますが(^^;

さて、今回は現在読書中の脳死に関する話題について。
なんで脳死なんていうテーマに取り組んでいるかというと、大学の謎授業の一環です。ただ、受験の時からちょっとは脳死に関心があったので、しっかりと勉強する良い機会かなとは思ってるので、否定的ではないですがね。

脳死については立花隆氏が、素晴らしいの一言に尽きる高い問題意識と高度な説明能力を武器に著書「脳死」にて議論を展開しているので、僕のレポートもそれがベースになりそうな感じです。彼は脳死について議論するうえでの最大の問題点は、脳死に関する理解・知識の浅さだと指摘しています。実際、どれほどの人が脳死を正しく説明できるのかというと、ほとんど皆無でしょう。僕もこれに取り組むまでは論外なレベルの認識しかありませんでした。
脳死には、大きく分けて2つの説があります。
脳の生命活動(呼吸・循環等)を司る部位である脳幹の死をもって人間個体の死とする「脳幹死説」と、脳幹だけではなく認識や創造といった人間性を司るとされている大脳も含めた脳全体の死をもって人間個体の死とする「全脳死説」です。さらに、脳全体の死を、機能面に重点を置いた機能死とするのか、組織としての構造に着目した器質死とするのかで脳死の定義は大きく変わります。

そして、この問題が厄介なのは脳死の定義は脳死の判定方法と密接に関わること。そして、脳のことが全く詳細には分かっていないこと。もっと複雑にしているのは、救命処置を加えるのを停止して良い地点と、暴力行為を加えても良い地点が異なること。

なんだか混乱を誘発させる書き方しかできないけど、最初の項目は、どの定義を採用するかで必要な判定項目が変わるし、その判定項目だけでは一部の定義には十分対応できないということを言ってます。特に、機能死説に立つ場合は、脳幹の機能全部を正常かどうかを調べることは論理的にも実際的にも不可能です。器質死説の場合でも、必要十分条件(同値な条件)を導出することは現時点でできていません。これは、心臓・肺などといった臓器に比べて脳の機能・仕組みについてはまだまだ解明されていないことの方が多いからです。
死というのは極めて厳密に定められなければならないものです。その誤診率は論理的には絶対に0でなくては、人間の倫理が、医の根源性が崩れ落ちます。「ほとんど死んだような状態だからこれは死とみなしてしまおう」というのは論外なわけです。ALS(筋ジストロフィー)等によって運動神経が全てやられてしまったような人にも、内的意識は存在します。それを無視することは決して医の立場からは行なってはならないし、擁護する立場に立っていく問題です。
最後の項目では、ちょっとわかりにくい表現をしてしまいましたが、現在の医療技術では蘇生が不可能だと分かっているものに対して、積極的な治療を施すのを控えるというのは倫理的に受け入れられるだろうが、その者をドナーとして扱うなどの暴力行為を行うのは許されないということです。不可逆点と死の境界は違うということです。これは、前者は医療技術の進歩などによってずれる(もっと死の側に移動しうる)のに対して、後者は医療技術にかかわりなく不偏でなければならないからです。これは後者にたいする、死は絶対的で普遍的だとする死生観が根底にあるのですが、これについてはまた後日。この点がレポートのメインになるのかな・・・だいぶ迷走気味。。。
長い旅行を短めに(3)
 いよいよ新年度が始まりましたね。昨日は新入生歓迎会とかいうものに参加してきました。どういう雰囲気の大学になるのかはこれからのお楽しみというところですかね。ただ、単科大学みたいなもんなんで、できる限り他大学と交流していかないと視野とか考え方が狭くなっちゃいそうなので気をつけなければ^^;

 そろそろ批判精神も養っていかなければならんのですが、それは次回に回すとして、今回も相変わらず画像多めでいきます。主役は九州最強の民鉄にして日本一のバス事業者である西鉄です。

 IG_7357.jpg

 西鉄電車の主力はなんといってもこの色を纏う5000形、6000形、6050形、7000形、7050形達。上写真の5000形は西鉄最大の陣営を誇る5000形で、3連を二本つないで6連の普通として走っています。もちろん連結は固定ではありません。日中は普通運用で急行通過駅の乗客を拾う役目に専ら徹していますが、朝ラッシュ時はオールロングの高い収容能力を生かして特急・急行として活躍しています。路面電車を彷彿させる運転台と分散冷房、そしてこの独特な色が個人的なツボです。


 IG_7366.jpg

 西鉄の看板特急といえば2ドアオールクロスの8000形。残念ながら乗車したのは大善寺~西鉄久留米の立席だけでしたが、乗車券だけで乗れる列車として最高級のクォリティでした。最高速度110kmの高速運転を続けながらも車内の揺れは極めて穏やかで、加減速も滑らか。6両固定編成が6本存在しますが、1989年の第一編成登場以来変更箇所の少ない完成度の高い列車で、撮る側も気合の入る優れた車両です。30分に1本なのが玉にキズでしょうかね。
 内装といい、完成度の高さといい、外見といい、なんだか京急の2000形にそっくりですが、実はこの8000形は西鉄の2000形の後継なんですよねぇ~。西鉄2000形はつい最近全車引退となりましたが、なぜか東京ガスの最新のCMで採用されています。旅行から帰ってきて数日後に中央線の車内CMで西鉄2000形を見かけました(笑)。旅行後に地元で旅行先のタイムスリップ画像を見せられるとはねw


 IG_7355.jpg

 そして西鉄電車の新時代を担うのはこの3000形。車端部はロングで、扉間は転換クロスシートの新型ステンレス車です。その最大の特徴はレーザー溶接。ステンレス車なのに、あのデコボコがなく滑らかな側面を有しています。2連3連5連と豊富に存在しますが、主に急行用として大活躍しています。
 ちなみに、上の画像では急行花畑行きとなっていますが、コイツは西鉄福岡から花畑まで通しで急行運転をする通称花畑急行。相方の小郡急行は西鉄福岡~筑紫を急行運転し、筑紫~小郡は各駅停車となります。で、小郡急行のかつての名前はローカル急行。はい、私のハンドルネームと一緒。といっても西鉄とは特に縁があるわけではないので、ふぅ~ん。といった感じですね。


 IG_7121.jpg
 
 IG_7119.jpg

 さて、西鉄といえば電車よりもバスの方が収益力が高く、日本一のバス事業者として天下にその名を轟かせています(?)。高速バス事業やノンステへの取り組みが有名かと思いますが、クモの巣のように張り巡らされた高密度な路線網をまえにすると「高速電車は線の交通。路線バスは面の交通。」という言葉に深く頷いてしまいます。今回の旅行では「西鉄1dayチケット」を利用したのですが、これは西鉄電車の天神大牟田線の西鉄福岡~柳川と大宰府線と甘木線が乗り降り自由となり、その周辺のバスも設定されたエリア内が乗り降り自由となるきっぷです。バスのフリーエリアのアバウトっぷりはHPを見ていただければ分かるのですが、エリア自体はかなり広いです。というわけで思う存分バスを使ってきました。鉄道よりもバスの乗車時間が長いというww


 IG_7336.jpg
 IG_7342.jpg

 朝一の特急でまずはフリーエリアの最南端である柳川へ。駅前から「佐賀B.C.」行きに乗って廃線となった佐賀線の可動陸橋へ向かいます。旅行前に調べた時は実際に橋を渡ったり、動いているところを見られるとのことだったのですが、前日に再度HPを確認したところ、照明の工事に伴いしばらく休止するとの告知が。。。というわけでさっと撮ってサッと次のバスへ乗り継ぎ。可動橋の雰囲気自体はかなり良かったので、素材を上手く写真にすることが出来なかった感は残りますがね。
 大川橋には車庫があるので、始発のJR久留米行きに乗ります。ところが、バス停の位置がなかなか分からない。時間が迫っていたので焦りながらでしたが、車庫の中を走ってどうにかバス停を発見。先客は高校生が一人だけ。
 川沿いや一車線の住宅&田んぼの中を延々走り、大善寺に近づいた辺りでようやく途中客が乗車。出発から30分以上旅客の出入りも無く、奇特な旅行者と地元の高校生一人しか乗らないような路線でも一時間に一本もバスがあるのは流石ですね。たまたま乗車率が低かっただけなのかもしれませんが…
 大善寺に着くと皆さん一斉に急いで下車。こんなに急がなくてもいいのにと思ってたら上りの特急と接続するんですね^^;
 特急は30分に1本なので急ぐのも頷けます。後で調べてみると、大善寺周辺にはかつて鉄道軌網が広がっており、大川橋まで川沿いを行く路線もあったとのこと。私たちの乗ったバス路線ももしかしたら鉄道からの転換路線だったのかもしれません。
 大善寺からは西鉄久留米まで前述の特急8000形に乗り、筑紫まで3000形急行で乗り心地を確かめ、上の写真を撮った撮影地へと移動しました。その後は前回の記事で一部の画像を上げたJRの撮影地まで歩き、西鉄電車まで戻って桜台から朝倉街道まで一駅だけ利用して、再びバス旅。原鶴温泉というところまで1時間以上ひたすらバスに乗って温泉で一息。周囲を暫し散策したあとは同系統の逆方向に乗って甘木まで行きました。甘木からは西鉄電車で天神へ。
 にしても甘木の寂れっぷりはお化け屋敷ものでした。商店街の道が改良中なのかアスファルトが剥がされたままだったせいもあるのでしょうが、1階は廃墟なのに2階だけ薄ら明かりが点いてたり、今にも崩れそうなアーケードの下にピカピカの理髪店があったりと、寂れた中に生活感があるだけに余計背筋が凍る感じでした。甘木の衰退を反映して甘木線も2両固定編成によるワンマン運転が定着しています。

 甘木が衰退して言った一因は天神にあると言うことも出来るのですが、その天神でお買い物♪
 といっても、その日の夕食と翌日の朝食で、片方はコンビニ弁当でしたが^^;

 天神には九州全土から高速バスで買い物客が集まるという話を聞いていたので、天神を去るのにも天神バスセンターを利用。このバスセンターはなかなかの工夫物で、地下は三越にもつながる天神地下街として機能し、地上も商業施設や観光案内所やコインロッカー等便利な設備が揃い、なにより地上の商店街と隣接しています。そして2階は西鉄電車のホームで、百貨店である岩田屋に直結しています。この複合設備の3階にあるのが天神バスセンター。九州全土のみならず、日本最長の高速バス福岡~大宮線のバスもここから発着しています。そのバスセンターの一番三越寄りにある乗り場から出発するのが、赤間営業所行きの急行バス。急行といって侮ること無かれ、なんと全席クロスシートの超立派な車両で高速道路にも入っていけます。「西鉄1dayチケット」ならこんなバスにも乗れてしまうんです。特急と高速以外のバスならなんでも乗れてしまうので非常に便利ですよ~。
 ただし、行程を立てるのはかなり大変なのでそこのところはご注意を。今回の旅行ではバスの運行はほぼダイヤ通りで、遅れても余裕時分以内に収まったので助かりましたが、天神市街地を長く走行する路線や雨の日などは大幅な遅延もありますので、代替輸送手段も考慮しながら楽しい旅行計画を立ててくださいね。


プロフィール

ローカル急行

Author:ローカル急行
京急を愛する高校生。
夜に鉄路を徘徊するのが趣味になるもそれどころではないらしい。



☆当ブログについて☆

★当ブログは私ローカル急行の私見によるもので、公的なものではありません。内容に誤りがあることも有り得ますので、ご了承ください。なお、ご指摘・訂正はコメントあるいは下記メールフォームよりお願いいたします。 ★意見・感想・改善提案などのコメント大歓迎です。また、リンクについても歓迎しております。管理人の励みになるので、気が向いたら各記事下部にあるブログ村バナーのクリックをお願いいたします。



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



タグ付き記事

ハマの夜景 



リンク



最新コメント



検索フォーム



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。